タグ別アーカイブ: ヤフオク

ヤフオク出品のコツ その1

せどり日記

ヤフオクでいかに利益を安定させるか。 どうも KJです。   ※ また、ライン@アカウント停止になりましたm(__)m   新規作ります。       最近は、ヤフショ販売強化兼、自己配してたら 時間が無くなってしまいました。     発送は自分でやれば、月数万以上違ってきますが ほんと時間が無くなり、作業して一日おわり・・・     割に合わないので 自分でやるもんじゃないと、改めて実感しました^^       古本なら、自己発送も楽なので数売れば割に合うかもしれません。  ↓ ↓ 古本せどり攻略マガジン             さて、中古販売は、商品によりいろんなプラットホームでの販売を 判断して使います。       最近は、ヤフオク販売の良さも感じております。   なんといっても、回転の良さですね。     ヤフオクで、希望額に近い金額で落札されることを狙うか。   ①初回出品期間を考える。  ・一回の出品期間は、最大7日。  ・自動再出品は、最長3回。   ヤフオクの設定上の出品期間は以上の選択ができます。     設定上、7日間は、一回の出品で継続できます。     ぼくは、初回出品は以下の3択で行っています。    競合が期待できる商品 ・競札による高値を期待した落札を期待し、安値での出品開始  での出品期間7日とする。        欲しい人は限定される商品 ・欲しい利益を確定した価格で出品を開始する。  そして、出品期間を2日とし、自動再出品を3回とする。  ⇒新規出品が3回繰り返されることによりチャンスが広がります。       理由はわかりませんが、1回目の出品で、  まったく反応なくても2回目で、いきなり、入札が増えたりします。        7日期間での、1円出品で大きく伸びたときは気持ちいいですが  1円で終了してしまうこともあります。      がっかりですが、、、   だいたい処分品なので、そのまま落札を受けます。       結果として 基本的には、利益を確保した出品の方が、トータルで回転良く利益も確保できると 感じてます。       コツとしては、利益確保した価格での期間2日。3回の自動再出品により 1週間での落札チャンスを狙うことが効率が良いです。         それでは。     応援クリックをお願いいたしますm(__)m  ↓ ↓ せどりランキング   https://kase5o.info/せどり日記/takane/   コピペでの簡単アフィリ   ↓ ↓ WebAboutアフィリエイト       https://kase5o.info/page-430/              続きを読む

せどりで売る場所

せどりで売る場所は主にこの3ヶ所です!

基礎

せどりとは、仕入れた商品を出品・販売して利ざやを稼ぐ方法になります。そのため、商品の仕入れ先はもちろん、仕入れた商品を販売するための売る場所も重要になってきます。 もっとも、近年ではインターネット環境の普及によって、オフライン店舗で仕入れて別のオフライン店舗に持ち込むというアナログな方法ではなく、自宅から一歩も出ずに仕入れから販売まで全てネット上で行う事が可能です。 そのため、現在のせどりにおける売る場所としては、 ●amazon ●ヤフオク ●メルカリ 以上3ヶ所が主流となっており、これらのサイト(メルカリはアプリ)では日々さまざまな商品が出品・購入されています。そこで、今回の記事ではこれらせどりの売る場所の特徴について説明します。 せどりで売る場所 現在のせどりにおいて、売る場所として主流となっているのが『amazon』『ヤフオク』『メルカリ』となっていますので、ここからはそれぞれの特徴について説明していきます。 amazon せどりと言ったら、まずamazonの名前を挙げる人が多いと思われる、それほどまでに人気・知名度が高いamazonになっており、新品・中古に限らす出品点数が多い事も特徴の1つとして挙げられます。 そして、人気・知名度が高くなっているため、出品者・購入者ともに多く新品・中古問わず数多くの商品が揃っています。また、amazonで商品を出品する際の手数料は ●大口出品は年間4,980円の登録料(415円/月) ●小口出品は1商品あたり100円の手数料 ●1商品ごとの販売手数料は約8~15% となっています。販売手数料は、後述するヤフオクやメルカリなどと比べると少し高くなっています。 ただ、その分商品登録やFBAと呼ばれている商品の保管から注文処理、そして商品の出荷や配送、返品に関するカスタマーサービスまでを全て行ってくれるサービスがあるため、せどりを半自動化したい人にはお勧めになります。 ヤフオク ご存知、ネットオークションでは最大手のヤフーオークション(ヤフオク)。このヤフオクでも日々色々な商品が出品・落札されており、せどらー(せどりを行っている人)にも人気の高いオークションサイトとなっています。 もっとも、ヤフオクでは2018年11月12日から無料出品が可能となったため、誰でもすぐにオークションに参加する事が出来ます。そして、ヤフオクで商品を出品する際の手数料は ●無料での出品が可能(販売手数料は落札価格の10%) ●Yahoo! プレミアム会員は498円/月の会費(販売手数料は落札価格の8.64%) となっています。販売手数料は、無料出品とプレミアム会員とで1.36%の差があります。 ただ、出品金額が高額になればなるほどプレミアム会員の方が割安になるため、せどりでヤフオクを利用する際には、今後の出品予想金額を考慮した上で無料出品か有料出品かの選択を行う必要があります。 メルカリ 最近、テレビCMでもお馴染みのフリマアプリ専用のメルカリですが、このメルカリでもせどり商品を販売する事が可能です。もっとも、スマホがあればメルカリを利用する事が出来るため、利用者はかなりいると思われます。 もっとも、フリマアプリをインストールして会員登録すればすぐに出品する事が可能なので、手軽にせどりを始めるという意味では一番簡単かもしれませんね。そして、メルカリで商品を出品する際の手数料は ●登録・出品手数料は無料 ●販売手数料は落札価格の10% となっています。さらに、メルカリでは売上代金1万円以下の振込申請の場合、振込手数料として210円の手数料が掛かるため注意が必要です。 まとめ 今回の記事では、せどりでの売る場所として、amazon、ヤフオク、メルカリの3ヶ所を説明しましたが、それぞれ出品や販売手数料などに違いがあります。そのため、仕入れた商品を販売する際には販売価格の相場はもちろん、利便性も考慮したほうが良いでしょう。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ google_ad_client: "ca-pub-9343038111742291", enable_page_level_ads: true });  続きを読む